ドアノブ交換は迅速丁寧な業者へ相談|住みやすいライフスタイル

積み木と鍵

玄関の防犯面を高める方法

レディ

一つだけの鍵の玄関ドアには、補助鍵をつけることで防犯面を一躍高めることが出来ます。様々なタイプの鍵が発売されていて、最新の電子ロックから、家族が勝手に出ないようにするもの、室内ドアにつけるシンプルなものもあります。

もっと読む

鍵交換の依頼は専門業者へ

男性

鍵の破損によって鍵が使えなくなった場合は鍵交換を実施し、自分の生活に最適な鍵を取り付けてもらいましょう。また鍵の種類を把握する際は、ホームページなどを利用すると便利です。

もっと読む

安心・安全の為最新の鍵へ

作業員

昔の鍵は簡単に開錠が可能

鍵は防犯対策の上で必要な物ですが、鍵交換をする場合には場所によって使用する物が違ってきます。一般の住宅用玄関の鍵は毎日開け閉めをするために、鍵の摩耗が起こり開かなくなることや、反対に閉めることが出来なくなる事もあります。その場合には鍵交換しなければなりません。しかし鍵のみであれば鍵に刻印された番号とメーカーを鍵専門店へ注文することもできます。しかし、扉に着いている錠の内部のシリンダーが摩耗している時には、本体=錠と鍵交換することになります。最近はピッキングといって専用の道具を使い鍵を開けて侵入する泥棒がおり、このピッキング対策をしているディンプルキーが普及してきています。このディンプルキーは通常の合鍵屋さんでは同じ物が作れない為にメーカーへ鍵屋さんを通じて新しい同じ番号の物を作成してもらう事になります。

異なる鍵を取付ける

一般的に鍵は玄関に一つ付けられていますが、これを二個付ける事で防犯対策に有効になります。二個の鍵を開けるのには時間がかかり犯人も諦めてしまう為です。しかし、通常のシリンダー錠でしたら直ぐに開錠される危険性がある為に、元々の錠前に追加して扉の上下のどちらかに、最新のディンプルキーを取付ける方法が有効になります。鍵が2本になり面倒になるかも知れませんが、2〜3日留守をする場合等は2本でロックし、通常の買い物やお出かけの際には最新の鍵だけを掛けて出かける様にする事もできます。鍵交換は、自分でも出来ますが取替えや他に錠前を追加する場合には、取付の時に調整をしなければならない事も有りますので、専門も鍵屋さんへ取付を依頼しましょう。他にもドアノブ交換を行なうことによって、鍵の開閉がスムーズになります。鍵交換の他にドアノブ交換に対応している業者もいるので、必要に応じて依頼をしてみるのも良いかもしれません。

鍵の紛失に注意しよう

鍵束

自動車や金庫など様々なものに鍵は設置されていますが、鍵を紛失するとそれらの設備を利用することができなくなるので注意しましょう。また鍵トラブルが個人で解決できない場合は専門業者に連絡をとるのが最適です。

もっと読む