玄関の防犯面を高める方法|ドアノブ交換は迅速丁寧な業者へ相談|住みやすいライフスタイル

ドアノブ交換は迅速丁寧な業者へ相談|住みやすいライフスタイル

男女

玄関の防犯面を高める方法

レディ

工事不要の鍵の取り付け

玄関ドアの鍵は、新しい家やマンションだと、防犯機能を高めるため、もはや2つ付いているのが常識となっています。鍵が1つしか無い玄関ドアには、補助鍵をつけると、2つ以上の鍵と同じく同様に防犯面をアップさせることが出来ます。鍵が2つになるだけで泥棒がこじ開ける時間を長くすることが出来ます。こじ開けに5分以上かかるようなら、泥棒は侵入を最初から諦めるという情報もあります。補助鍵には工事が必要な通常タイプと、穴開け不要タイプもあります。このタイプの補助鍵は強力両面テープで玄関ドアに取り付けます。賃貸マンションでも可能なため、人気商品となっています。また、フェイクの鍵穴だけを取り付ける商品もあります。工事不要で、一見鍵が2つあるように見せることで泥棒に早く諦めてもらうという方法です。

さまざまなタイプの鍵

補助鍵は様々なタイプがあります。通常の鍵を差し込むタイプのもの、サムターン回し防止やピックング防止機能をつけた、今ある鍵の防犯を高めるタイプや、電子ロックでカードのタッチで簡単に開け閉めが可能なものがあります。また、現在は福祉介護目的の商品が様々あり、鍵にもいろいろな用途があるものが増えています。認知症のお年寄りが勝手に徘徊することを防ぐ目的で作られた、お年寄りが簡単に家の外に出ないようにする用途の鍵もあります。玄関ドアだけでなく、窓につけるものや、室内のドア用の鍵もあります。取り付け工事不要でドアに挟むだけで簡単に取り付けができる鍵があります。鍵は内側から掛けるので、人が内側にいる時だけかけられます。